ハワイひとりたび旅行記LANI☆レンタカーで2島を駆け抜けろ!

オアフ島 ハワイ島のレアで最新の情報をお送りします!ありきたりなハワイ旅から抜け出しませんか?

Translate:

ESTAの取得は難しくない!!自分でやってみよう!






ハワイに行くぞ!ってなった時に、まず浮かぶのが、『あれ?パスポートの有効期限残ってたっけ?』『ESTAはどうなってたかな?』ですね。

ビザを持っていない人が旅行でアメリカに入国するには、ESTAというものに申請する必要があります。

(アメリカ本土以外のハワイ、グアム、サイパンなどでもESTA申請は必要です)

申請し忘れると、飛行機に乗れない、アメリカまで行けたとしても強制送還されてしまう可能性があります。

いままでツアーで旅行会社にお願いしていた人も、個人手配なら自分で申請しちゃいましょう!

 

だって、「旅行会社に代行してもらうといくらするのかな~」って思って調べてみたら、

「えっ!?こんなに?」って位、かかります💧

 

A社⇒ 1人目 6,000円 2人目 4,000円    B社⇒ 4,200円    C社⇒ 6,300円
「なんで、こんなに高いの?!」がLaniの感想です!ネット環境がないと申請できないので、おうちにパソコンがない、

スマホを持ってない方はしょうがないけど、ほとんどの方がお持ちですよね?

 

ただ、カード社会のアメリカ、カードがないと申請できないので、無料で手厚い海外旅行傷害保険がついたJACCSカードを作っちゃってください!Laniも作りました

 

じゃ、個人手配旅行を目指すあなたは、自分でやっちゃいましょう!!!だって…お金がもったいない!!!

パスポートを用意して~(^^♪

ESTA 公式申請サイト ⇐ こちらから日本語で申請できます。

で、すごく詳しく説明してあるサイトを発見しました。

地球の歩き方ESTA取得 ここをご覧になって、進めてくださいね!

ひっかかりそうなのは~、住所入力と、電話番号入力なのかなっておもったので、少し詳しく説明を!

まず住所入力から
例えば… 「東京都新宿区西新宿1丁目1-2 ルネス101号室 」の場合ですね!

『ホームアドレスライン1』に番地を「1-2」

『ホームアドレスライン2』に区以外の住所を「nishishinjyuku」

『アパートメントの部屋番号』に「#101 runesu」(部屋番号の前に#を足します)

『市区町村』に「shinjyuku-ku」

『都道府県』に「TOKYO」(ここには、都府県を足さなくても大丈夫です!足したい人は足してもOK)

次に電話番号ですね!

例えば…

03-1234-5678 の場合は、国番号の81を最初の枠に入力して、市外局番の「0」を抜きます。

⇓ ⇓ ⇓

81-312345678 と入力します。

携帯電話の番号を入力する場合も同じですね!

090-1234-5678

   ⇓ ⇓ ⇓

 81-9012345678  となります。

そして、勤め先を入力する枠があるんですが、

会社の場合は…

『=Corp.』  でOK! 有限会社でも、株式会社でも、これで通用します。

後は、フォームに従い個人情報を入力していくだけ、日本語なので、スムーズにいくと思います。

もし、分からないところがあって、ひっかかった時には、こちらにコメントください!全力でサポートしますねwww

 

ESTA申請は渡航が決まったらなるべく早く申請してくださいとありますが、実は、搭乗直前でも大丈夫です。

実際Laniのお友達も登場直前に申請して、許可が出たそうです……がっ!!もし、カードが使えなかったり、携帯が充電切れになったりと、不慮の事態が起こった場合、最悪出国できなくなっちゃうので、できるだけ早く、余裕を持って申請してくださいね。

 

手数料は14ドル!代行の半額以下ですね。支払いはクレジットカードのみなので、カードを用意しておいてください。VISA、MASTER、DISCOVER、AMEXが使えます。
どうでしょうか?
自分でやってみようって思った時から、個人手配の旅は始まってます!
ハワイで、その他大勢のツアー客とは違う扱いを受けて、自分の足でハワイを歩いてる実感を感じてみてくださいね!

こちらのボタンを押していただけると嬉しいです!
みなさんの応援に支えられて頑張ってます!
いつもありがとうございます!

 

公開日: